スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊野波、センターバック争いで猛アピール 日本代表UAE戦へ

伊野波、センターバック争いで猛アピール 日本代表UAE戦へ
拡大写真
伊野波はセンターバック争いの最有力候補に浮上(山田俊介撮影)(写真:産経新聞)

 サッカーの日本代表は、6日に新潟・東北電力ビッグスワンスタジアムでアラブ首長国連邦(UAE)との強化試合に臨む。ワールドカップ(W杯)ブラジル大会アジア最終予選第4戦のイラク戦(11日・埼玉スタジアム)に向けた重要な試合。出場停止の今野(G大阪)と栗原(横浜M)を欠き、注目を集めるセンターバック争いで代役の最有力候補と目される神戸の伊野波雅彦(27)が猛アピールを続けている。

 クロアチア1部リーグのハイデュク・スプリトを退団し、今季から神戸に加入。センターバック、サイドバック、守備的MFと複数のポジションをこなせる万能型の選手だ。

 国際Aマッチで4試合ぶりの先発出場を果たした先月15日のベネズエラ戦では、納得のいくプレーができなかった。開始早々、裏をとられ決定機をつくられるなどアピール不足。右膝負傷で万全の状態ではなかったが、本人は「これを何回もやっていたら使ってもらえない」と唇をかんだ。

 とはいえ伊野波は戦術理解が深く、ザッケローニ監督の評価は揺るがない。本人も気持ちを切り替え「今回(の代表合宿)は時間がある。6日も大事だが、11日に向けて周りとコンビネーションを固める時間はある」と前向きに語る。

 ふがいないプレーを重ねれば、水本(広島)らに定位置を奪われる可能性もあるが「2年間一緒にやってきた選手も多い。助けてもらうこともあるが、頼ってばかりじゃいけない」と伊野波。主力DF陣不在のチームの危機を救う覚悟は十分にできている。(藤原翔)


「この記事の著作権は産経新聞 に帰属します。」

スポンサーサイト

伊野波、センターバック争いで猛アピール 日本代表UAE戦へ

伊野波、センターバック争いで猛アピール 日本代表UAE戦へ
拡大写真
伊野波はセンターバック争いの最有力候補に浮上(山田俊介撮影)(写真:産経新聞)

 サッカーの日本代表は、6日に新潟・東北電力ビッグスワンスタジアムでアラブ首長国連邦(UAE)との強化試合に臨む。ワールドカップ(W杯)ブラジル大会アジア最終予選第4戦のイラク戦(11日・埼玉スタジアム)に向けた重要な試合。出場停止の今野(G大阪)と栗原(横浜M)を欠き、注目を集めるセンターバック争いで代役の最有力候補と目される神戸の伊野波雅彦(27)が猛アピールを続けている。

 クロアチア1部リーグのハイデュク・スプリトを退団し、今季から神戸に加入。センターバック、サイドバック、守備的MFと複数のポジションをこなせる万能型の選手だ。

 国際Aマッチで4試合ぶりの先発出場を果たした先月15日のベネズエラ戦では、納得のいくプレーができなかった。開始早々、裏をとられ決定機をつくられるなどアピール不足。右膝負傷で万全の状態ではなかったが、本人は「これを何回もやっていたら使ってもらえない」と唇をかんだ。

 とはいえ伊野波は戦術理解が深く、ザッケローニ監督の評価は揺るがない。本人も気持ちを切り替え「今回(の代表合宿)は時間がある。6日も大事だが、11日に向けて周りとコンビネーションを固める時間はある」と前向きに語る。

 ふがいないプレーを重ねれば、水本(広島)らに定位置を奪われる可能性もあるが「2年間一緒にやってきた選手も多い。助けてもらうこともあるが、頼ってばかりじゃいけない」と伊野波。主力DF陣不在のチームの危機を救う覚悟は十分にできている。(藤原翔)


「この記事の著作権は産経新聞 に帰属します。」

伊野波、センターバック争いで猛アピール 日本代表UAE戦へ

伊野波、センターバック争いで猛アピール 日本代表UAE戦へ
拡大写真
伊野波はセンターバック争いの最有力候補に浮上(山田俊介撮影)(写真:産経新聞)

 サッカーの日本代表は、6日に新潟・東北電力ビッグスワンスタジアムでアラブ首長国連邦(UAE)との強化試合に臨む。ワールドカップ(W杯)ブラジル大会アジア最終予選第4戦のイラク戦(11日・埼玉スタジアム)に向けた重要な試合。出場停止の今野(G大阪)と栗原(横浜M)を欠き、注目を集めるセンターバック争いで代役の最有力候補と目される神戸の伊野波雅彦(27)が猛アピールを続けている。

 クロアチア1部リーグのハイデュク・スプリトを退団し、今季から神戸に加入。センターバック、サイドバック、守備的MFと複数のポジションをこなせる万能型の選手だ。

 国際Aマッチで4試合ぶりの先発出場を果たした先月15日のベネズエラ戦では、納得のいくプレーができなかった。開始早々、裏をとられ決定機をつくられるなどアピール不足。右膝負傷で万全の状態ではなかったが、本人は「これを何回もやっていたら使ってもらえない」と唇をかんだ。

 とはいえ伊野波は戦術理解が深く、ザッケローニ監督の評価は揺るがない。本人も気持ちを切り替え「今回(の代表合宿)は時間がある。6日も大事だが、11日に向けて周りとコンビネーションを固める時間はある」と前向きに語る。

 ふがいないプレーを重ねれば、水本(広島)らに定位置を奪われる可能性もあるが「2年間一緒にやってきた選手も多い。助けてもらうこともあるが、頼ってばかりじゃいけない」と伊野波。主力DF陣不在のチームの危機を救う覚悟は十分にできている。(藤原翔)


「この記事の著作権は産経新聞 に帰属します。」

デル・ピエロ、イタリア人が選ぶ“最も好きなスポーツ選手”に輝く

デル・ピエロ、イタリア人が選ぶ“最も好きなスポーツ選手”に輝く
拡大写真
母国でのデル・ピエロ人気はまだまだ高いようだ

 今夏ユヴェントスを退団し、新たな活躍の舞台を探している元イタリア代表FWアレッサンドロ・デル・ピエロだが、イタリアでもまだまだ根強い人気が残っているようだ。

 ドイツの調査会社『Sport+Markt』が、イタリアの16歳~69歳を対象に行った“最も好きなスポーツ選手”のアンケート結果を発表した。それによると、全体の17%に支持されたデル・ピエロが堂々の1位を獲得。2位以下はバレンティーノ・ロッシ(オートバイレーサー)8%、フェデリカ・ペレグリニ(女子競泳選手)7%、フランチェスコ・トッティ(サッカー選手・ローマ)6%と続いている。


「この記事の著作権はSOCCER KING に帰属します。」

デル・ピエロ、イタリア人が選ぶ“最も好きなスポーツ選手”に輝く

デル・ピエロ、イタリア人が選ぶ“最も好きなスポーツ選手”に輝く
拡大写真
母国でのデル・ピエロ人気はまだまだ高いようだ

 今夏ユヴェントスを退団し、新たな活躍の舞台を探している元イタリア代表FWアレッサンドロ・デル・ピエロだが、イタリアでもまだまだ根強い人気が残っているようだ。

 ドイツの調査会社『Sport+Markt』が、イタリアの16歳~69歳を対象に行った“最も好きなスポーツ選手”のアンケート結果を発表した。それによると、全体の17%に支持されたデル・ピエロが堂々の1位を獲得。2位以下はバレンティーノ・ロッシ(オートバイレーサー)8%、フェデリカ・ペレグリニ(女子競泳選手)7%、フランチェスコ・トッティ(サッカー選手・ローマ)6%と続いている。


「この記事の著作権はSOCCER KING に帰属します。」

プロフィール

ロボつむり

Author:ロボつむり
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。