スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国人免許カンニング、受験者募集は新聞で













中国人免許カンニング、受験者募集は新聞で

拡大写真
読売新聞



 中国人グループが携帯電話などを使って運転免許試験場でカンニングしていた事件は、自動車教習所の職員が勧誘役として逮捕される事態に発展した。



 中国語の新聞には4年も前から受験者を募集する広告が掲載され、少なくとも50人以上が不正に免許を取得していたとみられる。日本語が分からず、交通ルールを十分理解していない中国人もいるとみられ、警察当局は不正を確認し次第、免許を無効にする手続きを進める。



 「日本語が出来なくても免許を取得できます」



 国内在住の中国人向け新聞に足利自動車教習所(栃木県足利市)池袋案内所の広告が掲載されるようになったのは2008年だった。



 愛知県尾張旭市の中国人の男(45)(道交法違反容疑で逮捕)は今年初め、この広告をみて、案内所に電話をかけた。「本当に大丈夫か」と尋ねる男に対し、案内所の中国人女性事務員・李蒼容疑者(49)(同)は「絶対合格できる」と、主犯格の張展彪被告(37)(道交法違反で起訴)を紹介した。



 正規の講習料約38万円のほか、張被告に18万円の報酬を支払った男は、足利自動車教習所の合宿で仮免許を取得した。



 そして、4月23日、渡された米粒大の小型磁石を耳の中に貼り付け、鮫洲運転免許試験場(東京都品川区)で学科試験に臨んだ。首からさげた送信機を通じて磁石を振動させ、携帯電話の声を聞き取ることができる仕組みだった。



「この記事の著作権は読売新聞 に帰属します。」

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ロボつむり

Author:ロボつむり
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。