スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国電、社債発行を来月再開=東電事故後初、200億円で調整

 四国電力は27日、200億円規模の社債を9月に発行する方針を固めた。昨年3月の東京電力福島第1原発の事故後、四国電が社債による資金調達を行うのは初めて。原発を保有する電力会社の社債発行再開は6社目となり、電力会社の起債環境の改善傾向が鮮明になった。
 四国電は既に社債の発行業務を担う主幹事証券会社を選定。発行額は200億円を軸に調整し、投資家の需要を踏まえ近く確定する。ただ、投資家に払う金利水準は福島第1原発事故前に比べ上昇する見通し。同社は原発を代替する火力発電の燃料費がかさむ中、資金調達手段を多様化し、資金繰りを安定化させたい考えだ。 


「この記事の著作権は時事通信 に帰属します。」



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ロボつむり

Author:ロボつむり
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。