スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットで五輪 アクセス4億 マイナー競技も上位…独特の存在感

 ロンドン五輪では、地上波・BSテレビで放送されない競技の一部がインターネットで生中継され、男子サッカーの日本戦以外の試合や、自転車、アーチェリーといった比較的マイナーな競技がアクセス数で上位に入った。ハイライト動画を含めれば延べ4億近いアクセスがNHK・民放の両サイトにあり、テレビとはひと味違う存在感をネット中継が発揮した。(織田淳嗣)

 ◆韓国戦が人気!?

 期間中、NHKは特設サイトの8チャンネルで計913時間の生中継を実施した。同時アクセス数(8チャンネル合計)の上位は、1位が7月29日午後11時5分(テニス男子シングルス1回戦など)の5万3614件。2位が8月5日午後11時半(同決勝など)の5万2435件、3位が7月28日午後11時40分(自転車男子個人ロードレースなど)の4万9403件だった。

 民放連運営の特設サイト「gorin.jp」の生中継は、2チャンネルで計405時間。男子サッカーの英国対韓国戦が1万1911件と最も多く、以下、男子テニスで錦織(にしこり)圭が敗退した準々決勝が8584件、男子アーチェリー個人で古川高晴が銀メダルを獲得した決勝が6121件で続いた。

 ◆視聴率影響なし

 ハイライト動画を含めた特設サイト全体では、NHKは約3億3936万件(7月27~8月13日)でNHK通常サイトへの月間アクセス数(5月で約1800万件)を1日で稼いだ計算。このうち11・1%がスマートフォン(高機能携帯電話)など携帯端末からだった。「gorin.jp」(7月25~8月20日)は約4460万件。

 ハイライト動画ではNHKサイトで最多はサッカー男子の日本対スペイン戦で、41万5830件。放送されなかった素材も使ったサッカー女子表彰式も33万件超と人気で、ボクシング男子バンタム級の清水聡の2回戦も7万近いアクセスを集めた。

 ネット生中継は、テレビ局が高額で購入した放送権の有効活用の一環。大会前には「視聴者がテレビと割れる可能性がある」(民放幹部)との懸念もあったが、博報堂DYメディアパートナーズメディア環境研究所の吉田弘所長は「日本のテレビ視聴者は8千万~9千万人とされ、生中継の5万人は微々たる数字」と視聴率への影響を否定。その一方で、「ハイライト動画の視聴をきっかけに、続きの試合をテレビで見た人は相当いたのでは」とし、ツイッターなどを含めた相乗効果を指摘している。


「この記事の著作権は産経新聞 に帰属します。」

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ロボつむり

Author:ロボつむり
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。