スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンC痛い黒星 残り5分で逆転許す GKショック隠しきれず



 ◇欧州CL1次リーグ第1節 マンチェスターC2—3Rマドリード(2012年9月18日 マドリード)



 昨季の各国リーグ覇者がそろった“死の組”で、マンチェスター・シティー(イングランド)はレアル・マドリード(スペイン)相手に、アウェーで2度リードを奪いながら、勝ち点1さえ取れなかった。



 シュート数は8本に対して、相手は30本。試合を支配される展開も、後半23分、カウンターからFWジェコが決めて先制。追いつかれるも、FKをコラロフが決めて再び勝ち越す。



 残り5分でリードしRマドリードを脅かしたが、わずか1分後に追いつかれると、後半ロスタイム直前にロナウドに決められ、痛い黒星スタートとなった。



 再三の好セーブでピンチを逃れたものの、最後に逆転を許したGKハートは「自分たちを責めるしかない」とショックを隠しきれなかった。



 マンチーニ監督も「残り5分、アウェーで2—1とリードしていたから、我々は落胆している」と逆転負けを悔やんだが、「まだ5試合ある。次戦のドルトムント戦(10月3日)に勝利することが重要」と気持ちを切り替えた。



「この記事の著作権はスポニチアネックス に帰属します。」

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ロボつむり

Author:ロボつむり
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。